脇脱毛の方法 - ワキ脱毛に対する不安を解消!情報Navi

脇脱毛の方法

ワキ脱毛の方法は年々進化し、新しい機器もどんどん導入されています。
その方法とはどの様なものがあるのでしょうか。
家庭で行う方法としては、カミソリ、毛抜き、脱毛クリーム、家庭用脱毛器等がよく聞くのではないでしょうか。
クリニックやサロンで行われる方法は、ニードル脱毛、レーザー脱毛、フラッシュ脱毛が主流の様です。
まず選び方として、痛みの度合い、効果、施術にかかる時間、金額等、自分にはどの方法が合うのかを考えます。

ニードル脱毛は1番痛いと聞きますが、その分効果も高い様です。
「永久脱毛」を考えている方はニードル脱毛を選択されるのではないでしょうか。
こちらは、脱毛針を毛穴に直接さし込み、毛根にも直接電気を流してダメージを与えます。
痛みは、針を刺す痛みよりも、電気を通した時に痛む様です。
施術部位は全ての部位に対応しており、術前での剃毛も必要がなく、長く伸びた毛でも施術できます。
医療機関のみでの施術となります。

レーザー脱毛も医療機関のみでの施術となり、ニードル脱毛と比べると痛みは少ないものの、脱毛サロンで使われる出力の抑えた機器に比べると痛いそうです。
黒や茶色に吸収されるレーザーを照射します。
その為、日焼けをすると効果が減るので、日焼け予防は必須です。
施術不可な部位があり、肩、目の周り、耳、Iラインの内側、ホクロ等となります。

フラッシュ脱毛は、脱毛サロンで良く行われている方法です。
こちらはIPL方式と、SSC方式があります。
IPL方式は皮膚の黒いメラニンに反応してダメージを与えます。
レーザー脱毛程の痛みはなく、高い出力は出せません。
又、メラニンや黒色に反応する為、日焼けをしない様に気をつけましょう。

SSC方式は、光照射前にジェルを塗ります。
ジェル塗布後、光照射をするのですが、その際にジェルと光が反応してジェルに含まれる抑毛成分が毛根に浸透し、毛が生えにくくなります。
痛みは1番少なく、肌への負担も少なくなります。
こちらも日焼けをしていると施術ができなくなる場合があるので、日焼け対策をしましょう。

これらは脱毛の方法となりますが、気をつけたいのが全てが永久脱毛ではないという事です。
永久脱毛は医療機関で行えるものであり、サロンでは個人によっては全く毛が生えてこなくなる事もありますが、基本的には「本数を減らす」「毛を細くする」ことが多いのも知っておくべきでしょう。
サロンによっては「永久脱毛」をうたっている所もあるので、その際はよく説明を受けて、納得して決めて下さい。